2006年、日本の違法コピー率は25%と減少(BSA) | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

2006年、日本の違法コピー率は25%と減少(BSA)

米ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は5月15日、全世界および各国、地域における2006年1月から12月までのコンピュータ・ソフトウェアの違法コピー状況を調査した「第4回世界ソフトウェア違法コピー調査」の結果を発表した。この調査は、BSAがIDCに委託したもの

製品・サービス・業界動向 業界動向
米ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は5月15日、全世界および各国、地域における2006年1月から12月までのコンピュータ・ソフトウェアの違法コピー状況を調査した「第4回世界ソフトウェア違法コピー調査」の結果を発表した。この調査は、BSAがIDCに委託したもの。調査結果によると、違法コピーによる全世界の2006年の損害額は、前年よりも50億ドル以上増加した。本年度の調査対象となった102ヶ国のうち62ヶ国では違法コピー率が緩やかに低下したものの、13カヶ国では上昇した。

日本における2006年の違法コピー率は、前年比3ポイント減の25%と世界で3番目(昨年10番目)に低いものとなった反面、同損害額は約17.8億ドル(約2,140億円)で、世界ワースト5位(昨年7位)という結果になった。また、全世界の違法コピー率は3年連続35%、同損害額は前年比15%上昇し約400億ドル(約4兆8,000億円)であった。

http://www.bsa.or.jp/press/release/2007/0515.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×