07年1月〜3月期のインターネット治安情勢を公表、FWアクセス数などが増加(警察庁) | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

07年1月〜3月期のインターネット治安情勢を公表、FWアクセス数などが増加(警察庁)

警察庁は4月25日、平成18年度第4/四半期のインターネット治安情勢をまとめたレポートを、同庁のセキュリティポータルサイト「@police」にて公開した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
警察庁は4月25日、平成18年度第4/四半期のインターネット治安情勢をまとめたレポートを、同庁のセキュリティポータルサイト「@police」にて公開した。

同レポートは、2007年1月〜3月における、警察施設のファイアーウォールに対するアクセスや侵入検知装置(IDS)が検知した攻撃などを分析してまとめたもの。それによると、外部ネットワークからのファイアウォールに対する総アクセス件数は約1,597,100件(前期比約126,600件増)、IDSにおけるアラートの総検知件数は約118,300件(前期比約2,400件増)で、両方とも増加した。

ファイアーウォールでは、ネットワークの疎通調査などに利用されているICMP(Echo Request)の件数が急増し、約60%増の約403,500件(前期比約150,500件増)となった。また、シマンテック社製品の脆弱性を突くワームが利用する、2967/TCPに対するアクセスの増加が前期から継続している。

IDSでは、前期に引き続き、「Worm」(SQL Slammer ワーム)が依然高い件数で推移しているのが特徴。また、警視庁が観測を行っているSYNflood攻撃については、総検知件数が約10,700件と、前期から約20,000件も減少した。検知した約58%がWebサーバ(80/TCP)への攻撃で、国別では、中国と米国を合わせて全体の約88%を占めている。

http://www.cyberpolice.go.jp/detect/pdf/20070425.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×