独自の暗号化機能に対応した第4世代LTO対応テープドライブ製品を発売(日本IBM) | ScanNetSecurity
2021.09.18(土)

独自の暗号化機能に対応した第4世代LTO対応テープドライブ製品を発売(日本IBM)

日本アイ・ビー・エム(IBM)株式会社は5月7日、大容量データ・バックアップ向け磁気テープ規格「LTO(Linear Tape-Open)」の第4世代に準拠した、「IBM System Storage」テープ製品ファミリーの新製品「IBM System Storage TS2340テープ・ドライブ Expressモデル」を発

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本アイ・ビー・エム(IBM)株式会社は5月7日、大容量データ・バックアップ向け磁気テープ規格「LTO(Linear Tape-Open)」の第4世代に準拠した、「IBM System Storage」テープ製品ファミリーの新製品「IBM System Storage TS2340テープ・ドライブ Expressモデル」を発表した。

同製品は、LTO Ultrium4に対応したIBM Ultriumテープドライブのエントリモデル。従来のLTOの特徴である大容量や高い転送速度に加え、新たに第4世代LTOで強化された暗号化機能をIBM独自の暗号化技術に対応させたもの。オプションで暗号化ソフトウェア「暗号鍵マネージャー・コンポーネント(Encryption Key Manager:EKM)」を組み合わせることが可能となっている。これにより、共通鍵(AES)方式でデータ本体を暗号化したうえで、さらにデータ暗号化で作成された共通鍵を公開鍵(RSA)方式で暗号化することができ、高度な機密性を実現できる。

データ転送速度は240MB/秒、カートリッジ記録容量は最大1.6TB(2:1圧縮時)。3Gbps SASもしくはLVD SCSI接続対応。価格は121万円〜。出荷は5月11日より。なお同社は同時に、「IBM System Storage TS3310」「IBM System StorageTS3500」の機能拡張によるLTO Ultrium4対応も発表した。「IBM System Storage TS3310」は6月15日より順次出荷。

http://www-06.ibm.com/jp/press/20070507001.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×