JVNをリニューアル、脆弱性対策情報データベースも公開へ(IPA、JPCERT) | ScanNetSecurity
2021.08.05(木)

JVNをリニューアル、脆弱性対策情報データベースも公開へ(IPA、JPCERT)

IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)およびJPCERT/CC(有限責任中間法人 JPCERT コーディネーションセンター)は4月25日、日本国内の製品開発者の脆弱性対応状況を公開するサイトとして、共同で運営する「Japan Vulnerability Notes(JVN)の大幅なリニューアルと、脆

製品・サービス・業界動向 業界動向
IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)およびJPCERT/CC(有限責任中間法人 JPCERT コーディネーションセンター)は4月25日、日本国内の製品開発者の脆弱性対応状況を公開するサイトとして、共同で運営する「Japan Vulnerability Notes(JVN)の大幅なリニューアルと、脆弱性対策情報データベース(JVN iPedia)の公開を発表した。

JVNは、経済産業省告示「ソフトウエア等脆弱性関連情報取扱基準」に基づき、日本国内において使用されているソフトウェア等の製品に発見された脆弱性の概要、想定される影響やその回避策、ならびにパッチの公開を含む対策状況など、ソフトウェア等の脆弱性に関する包括的な情報を提供している。今回のリニューアルにより、見やすさの向上やコンテンツの充実が行われた。また、「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップ」において取り扱われた脆弱性、および国内で利用されているソフトウェア等の製品に関する脆弱性を対象に概要や対策情報を収集・蓄積する「脆弱性対策情報データベース(JVN iPedia)」も公開した。

http://www.ipa.go.jp/security/vuln/20070425_NewJVN_iPedia.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×