公共団体向けのウイルス対策製品を発売(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

公共団体向けのウイルス対策製品を発売(日本エフ・セキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本エフ・セキュア株式会社は4月25日、「F-Secure包括パックシリーズ」の新製品として公共団体向けのウイルス対策「F-Secureアンチウィルス 公共パック」を同日より販売開始すると発表した。本製品は、官公庁、地方公共団体、独立行政法人、公立の施設といった公共団体が業務で使用するクライアント、サーバについて、個人所有PCを含めて無制限にインストールすることができるセキュリティパッケージ。

本製品には、「公共パックA」「公共パックB」の2種類のパッケージが設定されており、公共パックAにはクライアントPCのウイルス対策、サーバ(Windows、Linux)のウイルス対策、ゲートウェイにおけるウイルス対策、スパム対策が含まれており、公共パックBにはクライアントPCのウイルス対策とサーバ(Windows、Linux)のウイルス対策が含まれる。ライセンス価格は、ユーザ数250以下の場合で公共パックAが69万円、公共パックBが55万円となっている(共に年額、税抜)。

http://www.f-secure.co.jp/news/200704251/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×