経産省の元職員が審議会委員の個人情報を記録したUSBメモリを紛失 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.24(火)

経産省の元職員が審議会委員の個人情報を記録したUSBメモリを紛失

製品・サービス・業界動向 業界動向

経済産業省は4月25日、同省製品安全課の元職員が個人情報を含むデータをUSBメモリに記録して持ち出し、これを紛失したことが判明したと発表した。
これは、4月1日に製品安全課の元職員が自ら担当していた業務に関連する電子情報を、人事異動に伴う引き継ぎのためにUSBメモリに複製・保存し、これを外部に持ち出し、4月21日に当該USBメモリを紛失したことに気付いたというもの。

元職員が複製し紛失した情報には、製品安全課が担当する審議会等の委員の自宅住所、自宅電話番号、生年月日や法令改正の説明会の参加者名簿等、合計808名の個人情報が含まれていた。

経済産業省:製品安全課が保有する個人情報の紛失について
http://www.meti.go.jp/press/20070425008/funshitsu-set.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×