2種類のネットワークセキュリティ製品を発売(日本HP) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.19(木)

2種類のネットワークセキュリティ製品を発売(日本HP)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本ヒューレット・パッカード株式会社は4月24日、ネットワーク認証・検疫アプライアンス「ProCurve Network Access Controller 800」、およびソフトウェア「ProCurve Network Immunity Manager」を9月1日より販売開始すると発表した。価格は「ProCurve Network Access Controller 800」が60万円(税抜)から、「ProCurve Network Immunity Manager」が75万円(税抜)から。

同アプライアンスは、コンパクトな筐体にネットワーク外部からのアクセスの管理に必要な多数の機器や機能を1台に統合し、ネットワークの末端における高度なネットワーク・アクセス制御を可能とするもの。また同ソフトウェアは、ネットワーク上のトラフィックを監視し、ウイルスなど不正なトラフィックを検出、対処することが可能。NBAD分析で、未知のウイルスにも対処可能なほか、検知、検出された脅威に対しても多様な対処をポートレベルで実行できる。

http://h50146.www5.hp.com/info/newsroom/pr/fy2007/fy07-087.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×