ファイアウォール・ログの解析ツールの日本語版を出荷開始(アドベントネット) | ScanNetSecurity
2021.08.05(木)

ファイアウォール・ログの解析ツールの日本語版を出荷開始(アドベントネット)

アドベントネット株式会社は4月23日、ファイアウォール・ログの解析ツール「AdventNet ManageEngine Firewall Analyzer」の日本語版を、リリース4.3として出荷開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
アドベントネット株式会社は4月23日、ファイアウォール・ログの解析ツール「AdventNet ManageEngine Firewall Analyzer」の日本語版を、リリース4.3として出荷開始した。

同製品は、ファイアウォールやプロキシサーバのログを解析し、その結果をレポートとして生成する、Webベースのログ解析ツール。標準装備されたさまざまなレポート機能により、ネットワーク管理者は、帯域使用状況やネットワークへの侵入の痕跡、トレンド情報から異常の兆候、ユーザーのサイトアクセス状況などを容易に把握することが可能で、ファイアウォール導入後のセキュリティの強化などに有効。また、Check PointやSonicWALLなど主要なファイアウォール製品をすべてサポートしており、複数の機器からのログを同時に管理することにより、ネットワーク管理者の負荷を軽減できる。

対応OSはWindows NT/2000/2003/XP、LinuxがRedHat 8.0/9.0、SuSE。価格は、初年度保守サポートサービス込みの通常ライセンスが212,100円、年間ライセンスが71,400円(1デバイスパック)〜。

http://www.adventnet.co.jp/news/press070423.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×