Linuxサーバ向けの統合型セキュリティ・ソリューションを発売(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

Linuxサーバ向けの統合型セキュリティ・ソリューションを発売(日本エフ・セキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本エフ・セキュアは4月10日、Linuxサーバ向け統合型セキュリティ・ソリューション「F-Secure Linuxサーバセキュリティ」Ver5.51を発売したと発表した。同ソリューションは、ウイルス・スパイウェア検査、ファイアウォール機能、不正侵入防止機能を実装している。最新版では、独立したスパイウェアエンジンを搭載し、より高精度なリアルタイム・スパイウェア検査が行なえるようになった。

また、コマンドラインモードでのインストールをサポートし、メモリリークの可能性に対応、操作性、安定性を向上している。64ビット(x64)ディストリビューションにも対応した。価格は、1サーバで9万2,400円、10サーバの場合は1サーバあたり7万3,500円、100サーバの場合は1サーバあたり3万6,750円。Windows、Linuxの集中管理ツール「F-Secureポリシーマネージャ」は、無償提供となる。

http://www.f-secure.co.jp/news/200704101/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×