Linuxサーバ向けの統合型セキュリティ・ソリューションを発売(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity
2021.08.03(火)

Linuxサーバ向けの統合型セキュリティ・ソリューションを発売(日本エフ・セキュア)

日本エフ・セキュアは4月10日、Linuxサーバ向け統合型セキュリティ・ソリューション「F-Secure Linuxサーバセキュリティ」Ver5.51を発売したと発表した。同ソリューションは、ウイルス・スパイウェア検査、ファイアウォール機能、不正侵入防止機能を実装している。最新版

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本エフ・セキュアは4月10日、Linuxサーバ向け統合型セキュリティ・ソリューション「F-Secure Linuxサーバセキュリティ」Ver5.51を発売したと発表した。同ソリューションは、ウイルス・スパイウェア検査、ファイアウォール機能、不正侵入防止機能を実装している。最新版では、独立したスパイウェアエンジンを搭載し、より高精度なリアルタイム・スパイウェア検査が行なえるようになった。

また、コマンドラインモードでのインストールをサポートし、メモリリークの可能性に対応、操作性、安定性を向上している。64ビット(x64)ディストリビューションにも対応した。価格は、1サーバで9万2,400円、10サーバの場合は1サーバあたり7万3,500円、100サーバの場合は1サーバあたり3万6,750円。Windows、Linuxの集中管理ツール「F-Secureポリシーマネージャ」は、無償提供となる。

http://www.f-secure.co.jp/news/200704101/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×