機能強化したエージェントレス型クライアント管理ソフトの最新版を発売(蒼天) | ScanNetSecurity
2021.08.03(火)

機能強化したエージェントレス型クライアント管理ソフトの最新版を発売(蒼天)

株式会社蒼天は4月5日、Windows PC向けクライアント管理ソフトウェアの最新版「LogVillage 1.4」を発表、同日より販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社蒼天は4月5日、Windows PC向けクライアント管理ソフトウェアの最新版「LogVillage 1.4」を発表、同日より販売を開始した。

LogVillageは、管理対象のPCに常駐ソフトをインストールする必要がないエージェントレス型のクライアント管理ソフト。アプリケーション実行/ログオン/Webアクセス/印刷などの操作履歴を記録・保存し、OSやパッチ適用状況、ハードウェア情報(メモリ、ディスク、CPU情報)やアプリケーション情報などの資産情報を収集することができ、不正利用や情報漏洩を抑止することが可能。

最新版ではアプリケーションソフトおよびハードウェアの資産情報管理機能を強化。MicrosoftアプリケーションソフトのライセンスIDごとのインストール状況を詳細に把握できるようになったほか、各クライアントPCの型番、シリアル番号、メモリ総/空き容量、ドライブ/NIC名、MACアドレス、IPアドレスなどの収集・管理が可能となった。また、導入時の設定をより簡単に効率的に行えるように、対象となるクライアントPC情報の管理サーバへの登録がブラウザから行えるように改良されている。さらに、管理用データベースソフトも予めバンドルされており、別途購入の必要がなくなった。

対応OSはWindowsNT4.0 SP 6a以上。Windows Vistaは近日対応予定。価格は827,400円〜。管理対象クライアント数は無制限。

http://www.so-ten.co.jp/news/2007/04/logvillage_5.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×