静岡大学、教諭が生徒の個人情報が記録された携帯電話と記憶媒体を紛失 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

静岡大学、教諭が生徒の個人情報が記録された携帯電話と記憶媒体を紛失

製品・サービス・業界動向 業界動向

静岡大学は3月29日、同大学の教育学部付属養護学校高等部教諭が、生徒の個人情報が記録された携帯電話と記憶媒体を紛失したことが判明したと発表した。これは、同教諭が3月27日、藤枝市のスーパーで鞄を置き忘れたというもの。この鞄には携帯電話と記憶媒体が入っており、携帯電話には在校生11名および卒業生19名の保護者の電話番号が記録されていた。また、記憶媒体には在校生の氏名や実習先の名称、活動記録の写真などが記録されていた。なお、この記憶媒体は学校長の許可なく持ち出していたという。

静岡大学
http://www.shizuoka.ac.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×