金融クライムウェアや高度な攻撃に対応した新セキュリティサービスを発表(米RSA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.24(水)

金融クライムウェアや高度な攻撃に対応した新セキュリティサービスを発表(米RSA)

米EMC社のセキュリティ部門であるRSAは3月15日、RSA FraudActionの新サービスである「RSA FraudAction Anti-Trojan」の開始を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
米EMC社のセキュリティ部門であるRSAは3月15日、RSA FraudActionの新サービスである「RSA FraudAction Anti-Trojan」の開始を発表した。

同サービスは、革新的で階層的なアプローチにより、金融クライムウェアや高度な攻撃に対処することが可能なセキュリティ対策ソリューション。RSAが有する圧倒的な専門性と経験を基にして、トロイやキーロガーなどクライムウェアの識別と分析、Web上の既知の感染ポイントへの顧客アクセスのブロック、感染ターゲットからの攻撃のシャットダウンなどを主に提供するもの。米国では4月よりサービス開始予定。国内での提供については、2007年第2四半期以降に発表する予定。

http://japan.rsa.com/news/data/20070315.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×