金融クライムウェアや高度な攻撃に対応した新セキュリティサービスを発表(米RSA) | ScanNetSecurity
2021.07.26(月)

金融クライムウェアや高度な攻撃に対応した新セキュリティサービスを発表(米RSA)

米EMC社のセキュリティ部門であるRSAは3月15日、RSA FraudActionの新サービスである「RSA FraudAction Anti-Trojan」の開始を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
米EMC社のセキュリティ部門であるRSAは3月15日、RSA FraudActionの新サービスである「RSA FraudAction Anti-Trojan」の開始を発表した。

同サービスは、革新的で階層的なアプローチにより、金融クライムウェアや高度な攻撃に対処することが可能なセキュリティ対策ソリューション。RSAが有する圧倒的な専門性と経験を基にして、トロイやキーロガーなどクライムウェアの識別と分析、Web上の既知の感染ポイントへの顧客アクセスのブロック、感染ターゲットからの攻撃のシャットダウンなどを主に提供するもの。米国では4月よりサービス開始予定。国内での提供については、2007年第2四半期以降に発表する予定。

http://japan.rsa.com/news/data/20070315.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×