Webサイトの信頼性を高めるEV SSLサーバ証明書を提供開始(日本ベリサイン) | ScanNetSecurity
2021.07.26(月)

Webサイトの信頼性を高めるEV SSLサーバ証明書を提供開始(日本ベリサイン)

日本ベリサイン株式会社は3月28日、Extended Validation(EV)SSLサーバ証明書「セキュア・サーバID EV」「グローバル・サーバID EV」の日本国内の企業・組織向けの発行を同日より開始したと発表した。EV SSLサーバ証明書は、米ベリサイン社および認証局ベンダが、ブラウ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本ベリサイン株式会社は3月28日、Extended Validation(EV)SSLサーバ証明書「セキュア・サーバID EV」「グローバル・サーバID EV」の日本国内の企業・組織向けの発行を同日より開始したと発表した。EV SSLサーバ証明書は、米ベリサイン社および認証局ベンダが、ブラウザベンダなどと連携して設立した「CA/Browserフォーラム」によって定義された、証明書の認証統一基準。サイトを運営する組織の実在性を確認するために遵守すべき厳格な基準が規定されている。

EV SSL証明書をWebサイトに発行することで、Windows Internet Explorer7で接続した場合、ブラウザのアドレスバーが緑色で表示される。これは、そのWebサイトがEV SSL証明書の発行を受けていることを意味し、サイトがガイドラインの要求を満たし、運営する組織の実在性が従来のSSLサーバ証明書より高い精度で確認された、信頼できるサイトであることがわかる。なお、フィッシングサイトの可能性があるサイトでは黄色に、フィッシングサイトでは赤色にそれぞれ表示が変わる。EV SSLサーバ証明書の発行価格は「セキュア・サーバID EV」が170,100円、「グローバル・サーバID EV」が229,950円(ともに1年間有効)となる。

http://www.verisign.co.jp/press/2007/pr_20070328.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×