インターネットセキュリティ脅威レポートの最新版を発表(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

インターネットセキュリティ脅威レポートの最新版を発表(シマンテック)

製品・サービス・業界動向 業界動向

シマンテック コーポレーションは3月27日、インターネットセキュリティ脅威レポートの最新版を発表した。調査結果では、現在のインターネット脅威環境の特徴として、金銭的な利益を得るために機密情報の入手を目的としたデータ盗難や情報漏洩、特定業界を狙った悪意のあるコードが増加傾向にあることが分かった。また、サイバー犯罪者は、検知を回避するために攻撃手法を高度化させる一方、世界規模で協力ネットワークを形成し、犯罪活動を拡大していることが明らかとなっている。

また、同社は2006年下半期、世界全体で600万台以上のボット感染コンピュータを確認した。2006年上半期に比べて29%増加している。一方、ボットに命令を伝える指令サーバの数は上半期より25%減少している。これはボットネットワークのオーナーが複数のネットワークを統合し、各ネットワークの規模を拡大していることを示しているという。このほか、悪意のあるコードサンプル上位50件のうち45%はトロイの木馬で、上半期と比べ23%増加したこと、ゼロデイ脆弱性が12件で、上半期の1件から大幅に増加したことなどが明らかとなっている。

http://www.symantec.com/ja/jp/about/news/release/article.jsp?prid=20070327_01
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×