新パートナー制度初の成果となる検疫システムを発表(トレンドマイクロ、NEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

新パートナー制度初の成果となる検疫システムを発表(トレンドマイクロ、NEC)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

トレンドマイクロ株式会社と日本電気株式会社(NEC)は3月27日、新パートナー制度「InfoCage WORKS」の成果第1弾として、両社の協業による検疫システムが4月2日から利用可能になると発表した。具体的には、NECの不正接続検知アプライアンス「InterSec/NQ30b」とトレンドマイクロの法人向け総合セキュリティソフト「ウイルスバスター コーポレートエディション」が連携するツールを提供する。

本ツールによって、「ウイルスバスター Corp.」の管理サーバが収集したクライアント情報を「WebSAM SecureVisor SiteManager」へ定期的に受け渡し、自動登録・変更が可能となる。なお、本ツールは「InterSec/NQ30b」と「WebSAM SecureVisor SiteManager」を利用中または新規購入するユーザに対し、NECから無償で提供される。

http://www.trendmicro.com/jp/about/news/pr/archive/2007/news070327.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×