WS、サーバ向けウイルス対策ソフトの最新版を発売、Vista対応版は6月に(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

WS、サーバ向けウイルス対策ソフトの最新版を発売、Vista対応版は6月に(日本エフ・セキュア)

日本エフ・セキュア株式会社は3月15日、WS、サーバ向けウイルス対策ソフト「F-Secureアンチウィルス ワークステーション版」「F-Secureアンチウィルス Windowsサーバ版」の最新版Ver.7を発売開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本エフ・セキュア株式会社は3月15日、WS、サーバ向けウイルス対策ソフト「F-Secureアンチウィルス ワークステーション版」「F-Secureアンチウィルス Windowsサーバ版」の最新版Ver.7を発売開始した。

両製品は、WindowsPC、Windowsサーバのウイルス対策、スパイウェア対策、ルートキット対策、およびその集中管理を提供するセキュリティ製品。最新版では、高精度なスパイウェア検知を実現するために2種類のスパイウェアエンジンを搭載したほか、ユーザーとシステムレベルの2つのビューを比較する、一種の振る舞い検知技術である「F-Secure BlackLight」を用いた新しいルートキット対策機能が追加されている。また、Windowsサーバ版は、WindowsServer 2003の64ビット版(x64版のみItanium版は不可)に対応した。

対応OSは、ワークステーション版がWindows 2000/XP、Windowsサーバ版がWindows 2000/2003。価格は、ワークステーション版が、1ユーザー9,660円、100ユーザー399,000円、500ユーザ1,155,000円。Windowsサーバ版が、1サーバ52,500円、10サーバ367,500円、50サーバ1,181,250円など。なお、WindowsVistaをサポートするワークステーション版Ver7.1は6月にリリース予定。

http://www.f-secure.co.jp/news/200703151/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×