埼玉県春日部市、市民の個人情報約11,000件がShare経由で流出 | ScanNetSecurity
2021.07.26(月)

埼玉県春日部市、市民の個人情報約11,000件がShare経由で流出

埼玉県春日部市は3月12日、市民約11,000名の国民健康保険と税務に関する個人情報が「Share」を介して流出していることが判明したと発表した。流出したデータは、市民約11,000名の氏名、住所、保険証番号などで、人間ドックの申請受付簿や個人事業届け出の証明書一覧など

製品・サービス・業界動向 業界動向
埼玉県春日部市は3月12日、市民約11,000名の国民健康保険と税務に関する個人情報が「Share」を介して流出していることが判明したと発表した。流出したデータは、市民約11,000名の氏名、住所、保険証番号などで、人間ドックの申請受付簿や個人事業届け出の証明書一覧なども含まれていた。同市によると、庄和総合支所税務課の主任職員がデータを自宅に持ち帰り、個人用PCで作業をしていたところ、このPCがウイルスに感染、情報が流出したという。

埼玉県春日部市
http://www.city.kasukabe.lg.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×