東京理科大の教員、約8,800名分の個人情報を記録したHDD盗まれる | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

東京理科大の教員、約8,800名分の個人情報を記録したHDD盗まれる

製品・サービス・業界動向 業界動向

東京理科大学は3月1日、千葉県野田市所在の同学薬学部の教員より、学生および卒業生などの個人情報を記録している外付けHDDが盗難に遭い、本人居住地の所轄警察署に盗難届を提出したことが判明したと発表した。これは、2月24日に帰宅途上の電車の中で盗難に遭ったもので、2月26日に報告があったという。盗難されたHDDには、在学生および卒業生の成績情報、薬学部の卒業生の住所、氏名などの情報、同教員が送受信した電子メールなどが含まれていた。個人情報は約8,800人分におよぶという。


東京理科大学:本学学生及び個人情報流出事故の経緯及びその対応等について
http://www.sut.ac.jp/news/2006/0301.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×