ソニック、ソフトウェア違法複製および販売をめぐり個人に対し訴訟を提訴 | ScanNetSecurity
2021.09.29(水)

ソニック、ソフトウェア違法複製および販売をめぐり個人に対し訴訟を提訴

ソニック・ソルーションズ株式会社は2月27日、京都市伏見区に在住する個人(以下、被告)に対し、同社が所有するソフトウェアにおける著作権(複製権及び譲渡権)侵害について損害賠償等請求訴訟を東京地方裁判所に提訴したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
ソニック・ソルーションズ株式会社は2月27日、京都市伏見区に在住する個人(以下、被告)に対し、同社が所有するソフトウェアにおける著作権(複製権及び譲渡権)侵害について損害賠償等請求訴訟を東京地方裁判所に提訴したと発表した。

この訴訟は、被告が平成14年12月頃から平成19年1月頃までにかけ、無断で同社のソフトウェアを複製し、インターネット上のオークションサイトにおいて著作権者である同社の許諾を受けることなく販売した違反行為から生じた損害に対する賠償請求、および当該ソフトウェアの複製物の販売差止めと記録されたCD-Rその他電磁的記録媒体の破棄を要求するというもの。

同社では、被告が違法に複製販売したソフトウェアの個数は極めて多数であり、本件はネットオークションを利用した個人による類似ケースと比較しても極めて悪質な違法行為としている。海賊版によってソフトメーカーが被る損失は極めて多大であり、同社はネットオークションを通じた違法な海賊版の販売が後を絶たない昨今の状況に鑑み、このような悪質な販売者の撲滅を企図し、本件訴訟を提起した。同社としては、悪質な複製販売に対しては刑事告訴も視野に入れつつ、今後とも海賊版等の知的財産の侵害行為に対して断固たる姿勢で対処するとしている。


ソニック・ソルーションズ
http://www.sonicjapan.co.jp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×