10Gbpsの高速通信が可能な世界最速のIPsec対応VPN装置を開発(三菱電機) | ScanNetSecurity
2021.09.29(水)

10Gbpsの高速通信が可能な世界最速のIPsec対応VPN装置を開発(三菱電機)

三菱電機株式会社は2月15日、パケット暗号通信の業界標準規格「IPsecv2」に準拠して、あらゆるサイズのパケットを10Gbitイーサネットの設計上の最大転送速度(ワイヤスピード)で処理する暗号通信(VPN)装置を世界で初めて開発したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
三菱電機株式会社は2月15日、パケット暗号通信の業界標準規格「IPsecv2」に準拠して、あらゆるサイズのパケットを10Gbitイーサネットの設計上の最大転送速度(ワイヤスピード)で処理する暗号通信(VPN)装置を世界で初めて開発したと発表した。

発表によると、同社は新しいパケット暗号処理方式として、パケット暗号・認証部の追加増設が容易な拡張性の高い階層型並列処理方式を開発し、10Gbpsへの対応を実現。AES+SHA2(256bit)、Camellia+SHA2(256bit)、MISTY+SHA2(256bit)、3DES+SHA1の4つの暗号・認証アルゴリズムにおいて、10Gbps IPsecワイヤスピード(約856万PPS)を確認したとのこと。

同社では、今後はより多くの暗号アルゴリズムに対応させ、2008年度を目標に製品化する予定。

http://www.mitsubishielectric.co.jp/news-data/2007/pdf/0215-b.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×