ファームウェア更新料が不要なファイアウォール製品を発売(ヤマハ) | ScanNetSecurity
2021.09.20(月)

ファームウェア更新料が不要なファイアウォール製品を発売(ヤマハ)

ヤマハ株式会社は2月6日、ファイアウォール・ルータの新製品「SRT100」を4月下旬より発売すると発表した。希望小売価格は81,900円(税込)。本製品は、「セキュリティ」「ルーティング」「マネジメント」の機能を1台に搭載したSOHOおよび中小規模拠点向けのファイアウォ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ヤマハ株式会社は2月6日、ファイアウォール・ルータの新製品「SRT100」を4月下旬より発売すると発表した。希望小売価格は81,900円(税込)。本製品は、「セキュリティ」「ルーティング」「マネジメント」の機能を1台に搭載したSOHOおよび中小規模拠点向けのファイアウォール・ルータ。日本語で構成されたGUIと、ウィザード形式の入力方法を採用することで、より直感的な設定が可能となっている。搭載機能の使用に別途費用が発生せず、今後のファームウェア更新も無償で利用できる。

WAN側では、Stateful Inspectionによりパケットやアプリケーションレベルの内容を判断し、ポートを動的に開閉する機能や、パケットのパターン照合によりパケットの不正を調べる不正アクセス検知機能(IDS、IPS)を搭載する。またLAN側では、「Winny」による通信の検出、遮断に対応した「Winnyフィルタ機能」や、管理者の許可の有無によりアクセス可能なネットワークを制御できる「DHCP端末認証機能」を搭載した。通信状態によりセキュリティポリシーを自動で変更する新機能「動的ポリシー変更機能」も搭載している。

http://www.yamaha.co.jp/news/2007/07020601.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×