監査ログ収集機能を強化したDB管理ソフトウェア「IPLocks V6.1」を出荷(アイピーロックス ジャパン) | ScanNetSecurity
2020.10.25(日)

監査ログ収集機能を強化したDB管理ソフトウェア「IPLocks V6.1」を出荷(アイピーロックス ジャパン)

アイピーロックス ジャパン株式会社は2月5日、IBM DB2のサポートを強化したデータベース・セキュリティ管理ソフトウェアの最新版「IPLocks V6.1」を販売開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
アイピーロックス ジャパン株式会社は2月5日、IBM DB2のサポートを強化したデータベース・セキュリティ管理ソフトウェアの最新版「IPLocks V6.1」を販売開始した。

同製品は、最新技術によりデータベースの正常性(データ内容、構造、アクセス権)とアクセスの正常性を監視するデータベース・セキュリティ・ソリューション。不審なアクセスの監視、脆弱性の評価、監査・分析などにより、データベースのセキュリティを総合的に強化する製品。

最新版では、IBM DB2のデータベース監査ログ収集の方法として、従来のイベントモニターに加え、新たに監査機能のサポートを追加(対象バージョン:IBM DB2 V8)。これにより、監視対象のIBM DB2に与える負荷を抑えながら、監査ログを収集することが可能となった。また、IBM DB2のイベントモニターを使用して監査ログを収集する際の機能も強化されており、従来より多数のセキュリティ・ポリシーの設定が行えるように強化されている。

http://www.iplocks.co.jp/press/20070205.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×