トレンドマイクロ、ウイルス感染被害マンスリーレポートを発表 | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

トレンドマイクロ、ウイルス感染被害マンスリーレポートを発表

トレンドマイクロ株式会社は2月6日、2007年1月度のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表した。発表によると、1月のウイルス感染被害の総報告数は7,448件で、先月の7,764件より大きな変化はなかった。しかし、年末には報告数が減少しつつあったマスメール型ワーム「

製品・サービス・業界動向 業界動向
トレンドマイクロ株式会社は2月6日、2007年1月度のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表した。発表によると、1月のウイルス感染被害の総報告数は7,448件で、先月の7,764件より大きな変化はなかった。しかし、年末には報告数が減少しつつあったマスメール型ワーム「WORM_STRATION」に新たな亜種が発見され、被害件数もわずかながら増加傾向にあり、引き続き注意が必要としている。

4位の「TROJ_SMALL.EDW」は1月下旬に欧米を中心に世界的に流行した。単体ではマスメーリングワーム活動は行わないが、スパムメールの添付ファイルして大規模に拡散され、ユーザの関心を惹くために欧州で実際に発生していた暴風雨の被害状況や、デマの政治的事件をメールの件名に使用するという典型的な手法を使用している。またSTRATIONで行われた大量の亜種の頒布や、侵入後の不正プログラムダウンロードによる複合感染などを組み合わせた手法が使われたことも被害が拡大した一因である。
この攻撃手法をトレンドマイクロでは「シーケンシャル攻撃」と呼んでいる。加えてスモールでは新しい亜種に少しずつ機能が追加されたり、他のプログラムと連携するなどして感染力を強めていった点が特徴的としている。


トレンドマイクロ:ウイルス感染被害レポート - 2007年1月度
http://www.trendmicro.com/jp/security/report/report/archive/2007/mvr070206.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×