利用場所に応じたポリシー適用が行える環境適応型プラットフォームを発売(日本通信) | ScanNetSecurity
2022.01.25(火)

利用場所に応じたポリシー適用が行える環境適応型プラットフォームを発売(日本通信)

日本通信株式会社は1月29日、クライアントPCのセキュリティを確保するための環境適応型プラットフォーム「CentraPolicy(セントラ・ポリシー)」の提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本通信株式会社は1月29日、クライアントPCのセキュリティを確保するための環境適応型プラットフォーム「CentraPolicy(セントラ・ポリシー)」の提供を開始した。

CentraPolicyは、検疫、ファイアウォール、VPN強制機能、ワイヤレス接続制御、外部デバイス制御などのセキュリティポリシーを実行するクライアント・サーバシステム。利用場所ごとにポリシーを設定することができる環境適応型なため、ユーザーが企業内のネットワークを離れ自宅や出張先のネットワークに移動した場合でも、CentraPolicyがノートPCの利用環境を自動的に認識し、利用場所に応じたセキュリティポリシーを適用することが可能。これにより、ユーザーに意識させることなく、常に最適のセキュリティ環境を確保することができる。

ポリシーはサーバ側で一元的に管理するため、新たな脅威が発生した場合でも柔軟に対応できる。また既存のセキュリティアプリケーションなどとの併用も可。価格は、初期費用が1,000円/クライアント、150,000円/サーバ。月額ライセンス料は700円/クライアント、24,000円/サーバ。

http://www.j-com.co.jp/news/release/0701.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×