利用場所に応じたポリシー適用が行える環境適応型プラットフォームを発売(日本通信) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.19(日)

利用場所に応じたポリシー適用が行える環境適応型プラットフォームを発売(日本通信)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本通信株式会社は1月29日、クライアントPCのセキュリティを確保するための環境適応型プラットフォーム「CentraPolicy(セントラ・ポリシー)」の提供を開始した。

CentraPolicyは、検疫、ファイアウォール、VPN強制機能、ワイヤレス接続制御、外部デバイス制御などのセキュリティポリシーを実行するクライアント・サーバシステム。利用場所ごとにポリシーを設定することができる環境適応型なため、ユーザーが企業内のネットワークを離れ自宅や出張先のネットワークに移動した場合でも、CentraPolicyがノートPCの利用環境を自動的に認識し、利用場所に応じたセキュリティポリシーを適用することが可能。これにより、ユーザーに意識させることなく、常に最適のセキュリティ環境を確保することができる。

ポリシーはサーバ側で一元的に管理するため、新たな脅威が発生した場合でも柔軟に対応できる。また既存のセキュリティアプリケーションなどとの併用も可。価格は、初期費用が1,000円/クライアント、150,000円/サーバ。月額ライセンス料は700円/クライアント、24,000円/サーバ。

http://www.j-com.co.jp/news/release/0701.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×