「SQL Guard」を利用したデータベースセキュリティ対策サービスを開始(日立情報) | ScanNetSecurity
2022.01.24(月)

「SQL Guard」を利用したデータベースセキュリティ対策サービスを開始(日立情報)

株式会社日立情報システムズは1月22日、データベースサーバへのアクセスをリアルタイムに監視・記録するセキュリティ製品「SQL Guard」を活用したデータベースセキュリティ対策サービスを、同日より開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社日立情報システムズは1月22日、データベースサーバへのアクセスをリアルタイムに監視・記録するセキュリティ製品「SQL Guard」を活用したデータベースセキュリティ対策サービスを、同日より開始した。

「SQL Guard」は、データベースへのアクセスログ蓄積、不正アクセスの監視、アクセスログの継続的な分析・監査などの多彩な機能を搭載した米Guardium社のセキュアアプライアンス。新サービスは、国内で「SQL Guard」を販売するエアーとのアライアンス契約により、同製品の販売、導入・構築サービス、アウトソーシングサービスなどを、顧客のニーズやシステム環境に応じて提供するもの。特にアウトソーシングサービスについては、同社のデータセンタとシステム運用ノウハウ・経験を活かした高信頼のサービスを提供することができるとしている。

サービスメニューとしては、データセンタ型のアウトソーシングサービスで月額25万円〜。システム導入・構築サービスで50万円〜。「SQL Guard」販売は390万円〜。

http://www.hitachijoho.com/news/2007/070122.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×