指紋認証とHDD暗号化ソフトの連携ソリューションを発売(ネットマークス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.26(月)

指紋認証とHDD暗号化ソフトの連携ソリューションを発売(ネットマークス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ネットマークスは1月16日、ソニー株式会社製の指紋認証装置「PUPPY」とSafeBoot社製のハードディスク暗号化ソフト「SafeBoot」を組み合わせたパッケージ製品を同日より発売したと発表した。PUPPYは、指紋認証、PKIトークン、ストレージの3つの機能を一体化した個人認証用装置。またSafeBootは、ハードディスク全体を常に暗号化する製品。

今回、両製品を組み合わせることにより、SafeBootにて暗号化されたハードディスクへのログオンを、ID/パスワードによる認証からPUPPYを利用した指紋認証に置き換えられ、ユーザの利便性の向上させ、かつセキュリティレベルの高い強固な認証を提供できるようになる。さらに、Windowsログオンにも対応しているため、一度の指紋認証でSafeBootおよびWindowsへのログオンが可能となる。

http://www.netmarks.co.jp/newsrelease/070116.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×