クライアント統制を大幅に強化する新セキュリティソリューションを発表(日立電子サービス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

クライアント統制を大幅に強化する新セキュリティソリューションを発表(日立電子サービス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日立電子サービス株式会社は1月15日、同社のセキュリティログ統合管理・分析サービス「SecureEagle/SIM」と、 日立ソフトウェアエンジニアリングの情報漏洩防止ソリューション「秘文MEシリーズ」を連携させた新しいセキュリティソリューションの提供を3月30日より開始すると発表した。

新ソリューションでは、「秘文MEシリーズ」のクライアント操作ログに加え、ログイン・ログアウト等のサーバ認証ログ、ネットワークアクセスログ等、セキュリティログの統合管理と相関分析によって、企業内における重要情報の統合的な管理を実現。「秘文シリーズ」で情報漏洩を防止しながら、「SecureEagle/SIM」で重要情報への不正操作、アクセス違反の監視を実施し、クライアント統制への対応を大幅に強化することが可能となっている。

料金は、SecureEagle/SIM(30サーバ)が月額531,300円〜、秘文ME Managerが315,000円/サーバ、秘文ME Agentが6,825円/クライアントなど。

http://www.hitachi-densa.co.jp/news/2061272_17605.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×