新OSを搭載した小規模事業者向けUTMアプライアンスを発売(ウォッチガード・テクノロジージャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.26(木)

新OSを搭載した小規模事業者向けUTMアプライアンスを発売(ウォッチガード・テクノロジージャパン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ウォッチガード・テクノロジージャパン株式会社は1月15日、小規模ネットワーク向けセキュリティアプライアンス「Firebox X Edge」シリーズの新OSとUTM(統合脅威管理)タイプの新モデルを発表した。

今回リリースされた新OS「Egde v 8.5」は、従来のWebアクセス対策機能に加えて、新たにウイルス対策、迷惑メール対策の各機能を追加導入できるようになっている。また、POP3プロトコルにも対応しており、より統合的な脅威対策が実現可能。

同時発表された「Firebox Edge X55e UTM対応モデル」は、同シリーズの最上位機種である「X55e」をベースに、ファイアウォールやVPNに加えて、ウイルス防止、迷惑メール対策、Webアクセス対策および1年分のサポート保守をセットにして提供するもの。同時利用者数が50以下の小規模なユーザーを対象とし、総合的なセキュリティ対策が手軽に行える。

価格は、X55eが234,000円、X55e UTM対応モデルは306,000円。2月1日より出荷開始。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0701/15/news116.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×