メールアーカイバソリューションがLotus Dominoに対応(エアー) | ScanNetSecurity
2022.01.21(金)

メールアーカイバソリューションがLotus Dominoに対応(エアー)

株式会社エアーは、同社の開発製品であるメールアーカイブソリューション「WISE Audit」が、IBM社のLotus Dominoに対応したと発表した。Lotus Domino対応版の「Lotus Dominoサーバ対応オプション」を1月31日に販売開始する。価格はオプションのみで400,000円(オプション

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社エアーは、同社の開発製品であるメールアーカイブソリューション「WISE Audit」が、IBM社のLotus Dominoに対応したと発表した。Lotus Domino対応版の「Lotus Dominoサーバ対応オプション」を1月31日に販売開始する。価格はオプションのみで400,000円(オプションのみの購入できない)。これにより本製品は、国内で使用されている主要な企業向けメールサーバへの対応が完了した。

本製品は、Lotus Notes/Domino C APIを介してDominoサーバからメールを取り出し、SMTPでWISE Auditへメール転送を行うもの。これにより、社外とのメールだけでなく、社内間のメールを含めた全送受信メールを保存し、一元的な監視・監査を実現できる。また、異なるメールサーバが複数混在する企業環境でもWISE Auditによりすべてのメールをアーカイブすることが可能だ。

http://www.air.co.jp/release/release35.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×