毎日新聞の販売店店主の個人用PCがWinnyウイルス感染、読者情報が流出 | ScanNetSecurity
2022.01.21(金)

毎日新聞の販売店店主の個人用PCがWinnyウイルス感染、読者情報が流出

毎日新聞社は1月9日、埼玉県西部の読者情報がインターネット上に流出していたことが判明したと発表した。これは、埼玉県西部の毎日新聞販売店店主の個人用PCがWinnyウイルスに感染したことで流出したもの。流出した情報は氏名、住所、電話番号など数十件としており、この

製品・サービス・業界動向 業界動向
毎日新聞社は1月9日、埼玉県西部の読者情報がインターネット上に流出していたことが判明したと発表した。これは、埼玉県西部の毎日新聞販売店店主の個人用PCがWinnyウイルスに感染したことで流出したもの。流出した情報は氏名、住所、電話番号など数十件としており、このほか新聞勧誘員向けの接客マニュアルなどの内部文書も含まれていたという。


毎日新聞
http://www.mainichi.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×