サーバ向けセキュリティソリューションがBTOメニューで選択可能に(トレンドマイクロ、デル) | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

サーバ向けセキュリティソリューションがBTOメニューで選択可能に(トレンドマイクロ、デル)

トレンドマイクロ株式会社とデル株式会社は12月14日、サーバ向けセキュリティソリューションの提供において提携したことを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
トレンドマイクロ株式会社とデル株式会社は12月14日、サーバ向けセキュリティソリューションの提供において提携したことを発表した。

今回の業務提携に基づき、両社は12月19日より、デルが提供する業界標準x64サーバ「PowerEdge」シリーズおよびNAS(ネットワーク接続型ストレージ)「PowerEdge Storage Server」シリーズの全製品のBTOメニューの「セキュリティ」項目に、トレンドマイクロの企業向け総合セキュリティ製品「ウイルスバスター コーポレートエディション サーバ版」(Windows向け)、「ServerProtect for Linux」(Linux向け)を追加する。

また、トレンドマイクロでは「ServerProtect for Linux」のKHM(カーネルフッキングモジュール)を、デルのLinuxサーバソリューションに組み込まれる全てのレッドハット製Linuxカーネルのアップデートに合わせてリリースするとしている。これは、Linuxプラットフォーム上でウイルスのリアルタイム検索を実現するには、セキュリティソフトのカーネル対応が必要なためで、これにより製品自体をバージョンアップせずとも、モジュールの入れ替えで迅速にウイルス対応が可能となる。

http://www.trendmicro.com/jp/about/news/pr/archive/2006/news061214.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×