サーバ向けセキュリティソリューションがBTOメニューで選択可能に(トレンドマイクロ、デル) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.22(火)

サーバ向けセキュリティソリューションがBTOメニューで選択可能に(トレンドマイクロ、デル)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

トレンドマイクロ株式会社とデル株式会社は12月14日、サーバ向けセキュリティソリューションの提供において提携したことを発表した。

今回の業務提携に基づき、両社は12月19日より、デルが提供する業界標準x64サーバ「PowerEdge」シリーズおよびNAS(ネットワーク接続型ストレージ)「PowerEdge Storage Server」シリーズの全製品のBTOメニューの「セキュリティ」項目に、トレンドマイクロの企業向け総合セキュリティ製品「ウイルスバスター コーポレートエディション サーバ版」(Windows向け)、「ServerProtect for Linux」(Linux向け)を追加する。

また、トレンドマイクロでは「ServerProtect for Linux」のKHM(カーネルフッキングモジュール)を、デルのLinuxサーバソリューションに組み込まれる全てのレッドハット製Linuxカーネルのアップデートに合わせてリリースするとしている。これは、Linuxプラットフォーム上でウイルスのリアルタイム検索を実現するには、セキュリティソフトのカーネル対応が必要なためで、これにより製品自体をバージョンアップせずとも、モジュールの入れ替えで迅速にウイルス対応が可能となる。

http://www.trendmicro.com/jp/about/news/pr/archive/2006/news061214.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×