PCで動作中のすべてのプロセスの危険度を評価するユーティリティを販売(ピーアンドエー) | ScanNetSecurity
2021.08.03(火)

PCで動作中のすべてのプロセスの危険度を評価するユーティリティを販売(ピーアンドエー)

株式会社ピーアンドエーは12月13日、PCで動作中のすべてのプロセスを分析し、危険性のあるソフトウェアやツールを検出・隔離できるセキュリティソフト「セキュリティタスクマネージャ」日本語製品版を発表、15日より販売開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ピーアンドエーは12月13日、PCで動作中のすべてのプロセスを分析し、危険性のあるソフトウェアやツールを検出・隔離できるセキュリティソフト「セキュリティタスクマネージャ」日本語製品版を発表、15日より販売開始した。

同ソフトは、実行中のすべてのプロセス (アプリケーション、DLL、BHO、サービス) の詳細情報を表示することで、各プロセスの危険性を簡単に認識できるようにしたもの。Windows標準搭載の「タスク マネージャ」よりもはるかに高機能で、各プロセスの説明表示はもちろんのこと、セキュリティ危険度の評価や疑わしいプロセスの隔離・削除、そのプロセスに関する情報のインターネット検索などが行える。

また本製品には、追加ソフトウェアとして、PCとプライバシーの保護を目的としたユーティリティ「スパイ プロテクタ」も付属。このソフトを利用すれば、キーロガーやその他のハッキング ツールの停止、レジストリ変更の警告、Cookies、キャッシュなどインターネット活動履歴の削除、最近使ったファイルなどPCの活動履歴の削除などが簡単に行える。

Windows Vista/XP/2000/Me/98SE、Windows Server 2003対応。販売はダウンロード販売のみ。価格は3,990円。

http://www.panda.co.jp/products/taskmanager/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×