最新版SQL Server専用DB監査ソフトを発表、月額8万でアプライアンスも提供(システムエグゼ) | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

最新版SQL Server専用DB監査ソフトを発表、月額8万でアプライアンスも提供(システムエグゼ)

株式会社システムエグゼは12月12日、Microsoft SQL Serverに特化したデータベース監査ソフトウェアの最新版「SSDB監査 Ver.1.1」を発表し、同日より販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社システムエグゼは12月12日、Microsoft SQL Serverに特化したデータベース監査ソフトウェアの最新版「SSDB監査 Ver.1.1」を発表し、同日より販売を開始した。

同製品は、SQL Serverが標準搭載している監査機能を利用してデータベース(DB)への操作履歴を逐次記録し、個人情報などの重要データの情報漏洩や不正アクセス、改竄などを抑止する監視ツール。分かり易いGUI画面で簡単に使用できるのが特長で、標準監査に必要な操作履歴を記録するための「標準テンプレート」を利用すれば短時間で監査を開始できる。さらに、各企業のセキュリティポリシーに応じたカスタマイズも可能。最新版では、監査のためのログ出力によりDBサーバの業務効率が低下しないように調整する機能などを追加し、システムの可用性を大幅に向上させている。

価格は最小構成で1,575,000円〜。設定やインストールが不要なアプライアンス製品「SSDB監査Express サーバ」(監視対象DBサーバ2台/2CPU)もあり、こちらは3,129,000円。また、同アプライアンスのレンタル利用も月額84,000円から可能。

http://system-exe.co.jp/products/press01.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×