企業内PCをスキャンし個人情報を検出できる管理システムを発売(富山富士通) | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

企業内PCをスキャンし個人情報を検出できる管理システムを発売(富山富士通)

株式会社富山富士通は12月15日、企業内の個人情報を検出し、適切な管理を可能とする個人情報検出・管理システム「検出名人 Enterprise Edition」の販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社富山富士通は12月15日、企業内の個人情報を検出し、適切な管理を可能とする個人情報検出・管理システム「検出名人 Enterprise Edition」の販売を開始した。

本製品は、各PCクライアントの中の個人情報データ(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)をリアルタイムにスキャンして個人情報ファイル一覧を作成し、それら個人情報の削除、移動、暗号化などの対策を可能にするもの。検出では、人名+住所が10件以上あるファイルの検出など複合条件を設定できるため、企業内基準に沿った柔軟な運用が可能。また検出条件などのポリシーのクライアント一括配布も可能となっており、管理サーバによる組織としての適切な個人情報管理が実現可能。

対応OSは、サーバがWindows Server 2003 R2 x64 Edition、クライアントがWindows XP SP2/2000 SP4。Windows Server CAL(Windows Server 2003用)ライセンス必須。価格は10,500円/本、別途ボリュームライセンスあり。

http://jp.fujitsu.com/group/tfl/release/kensyutsu-release-061215.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×