「Winny」開発者に150万円の罰金を課す有罪判決 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.18(木)

「Winny」開発者に150万円の罰金を課す有罪判決

製品・サービス・業界動向 業界動向

京都地方裁判所は12月13日、ファイル交換ソフト「Winny」の開発者である元東大大学院助手の金子勇被告に対し、150万円の罰金を課す有罪判決を言い渡した。
これは同被告に対し、著作権法違反(公衆送信可能化権の侵害)幇助の容疑を問われていたもの。弁護側は、「Winny開発は技術的見地から行ったもの」として無罪を主張し、検察は著作権侵害を助長する目的であったとして懲役1年を求刑していた。

京都地裁の氷室真裁判長はこの判決に際し、「著作権侵害に利用されていることを明確に認識、認容しており、独善的かつ無責任な態度に対する非難は免れないが、インターネット上で著作権侵害をことさら生じさせることを積極的に意図したわけではない」としている。
また、「Winnyが著作権侵害をしても安全なソフトとして取りざたされ、広く利用されていた状況の下、ソフトを公開して不特定多数が入手できるように提供した行為は幇助犯を構成する」としている。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×