「Windows Live OneCare日本語版」を1月30日に発売(マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

「Windows Live OneCare日本語版」を1月30日に発売(マイクロソフト)

マイクロソフト株式会社は12月4日、既にベータ版として提供開始しているウイルス対策/システム メンテナンス ソフトウェア「Windows Live OneCare日本語版」の正式版を、2007年1月30日より発売すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
マイクロソフト株式会社は12月4日、既にベータ版として提供開始しているウイルス対策/システム メンテナンス ソフトウェア「Windows Live OneCare日本語版」の正式版を、2007年1月30日より発売すると発表した。

同ソフトは、自動更新により、ユーザーが常に快適な環境でPCを利用できるよう「ウイルス対策+PCメンテナンス」を1つにまとめて提供する個人向けPCケアソフトウェア。リアルタイム監視とオンデマンド ウイルス スキャンにより、ウイルス、スパイウエア、悪意のあるソフトウェアの検出と削除、開いているポートの検出が可能。加えて、デフラグやハードディスク上の不要な一時ファイルの削除機能、データのバックアップと復元機能などを備えており、PCの効率化やデータ保護を支援する。

Windows XP SP2/Vista対応。価格はパッケージ版が6,825円、ダウンロード版が5,775円。本製品1本で3台のPCまで利用可能。

http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2900
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×