「オンライン詐欺に関する実態調査」の結果を発表(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

「オンライン詐欺に関する実態調査」の結果を発表(シマンテック)

製品・サービス・業界動向 業界動向

シマンテック コーポレーションは11月28日、「オンライン詐欺に関するユーザー実態調査」の結果を発表した。調査結果では、「オンラインショッピング・予約サービスなど(約8割)」「オンラインバンキング・オンライン株取引など(約6割)」とオンライン取引の普及が目立ち、また約8割がオンラインでの決済を利用していることが分かった。

オンライン取引利用で不安に感じることでは、約9割が「インターネット上で入力した情報が漏れたり盗まれること」「クレジットカードを不正使用されること」と回答したが、不安を抱きつつもほぼ全員が個人情報をインターネット上で入力していた。しかし、自分がオンライン詐欺の被害に遭わない自信があるかについては、「絶対に自信がある」(2割弱)「たぶん大丈夫」(5割弱)と、ほぼ半数は被害に遭わない自信があるようであった。

http://www.symantec.com/ja/jp/about/news/release/article.jsp?prid=20061128_01
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×