RSA BSAFE暗号ライブラリ採用の組込み機器向けIPSec実装ツールを開発(RSAセキュリティ、東芝情報システム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

RSA BSAFE暗号ライブラリ採用の組込み機器向けIPSec実装ツールを開発(RSAセキュリティ、東芝情報システム)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

RSAセキュリティ株式会社は11月17日、インターネット上の暗号化通信の標準技術であるIPSecプロトコルの実装ツールに関し、組込みソリューション大手の東芝情報システムと協業すると発表した。

これにより東芝情報は、RSAセキュリティのRSA BSAFE暗号ライブラリを採用し、IKE version 2やEAPに対応した、ファイアウォールなどの最新の機能を搭載する組込み機器向けIPSec実装ツールである「NetNucleus IPSec」(ネットニュークレウス アイピーセック)を新開発。同製品を12月より両社で販売開始する。

http://www.rsasecurity.co.jp/news/data/20061117.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×