個人ユーザーから詐欺サイトに関する情報を受付(米Symantec) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

個人ユーザーから詐欺サイトに関する情報を受付(米Symantec)

製品・サービス・業界動向 業界動向

米Symantec社は11月16日、Symantec Phish Report Network(シマンテック フィッシュレポートネットワーク)が、詐欺サイトに関する情報の提供を世界中の個人ユーザーからも受け入れることを発表した。また同時に、National Cyber-Forensics and Training Alliance(NCFTA)が同ネットワークの新メンバーとなったことも発表した。

Symantec Phish Report Networkは世界を代表する詐欺対策コミュニティの一つで、加盟企業は詐欺サイトのアドレスを提供、共有し、それを自社のフィッシング対策ソリューションに組み込むことが可能となっている。今回、個人ユーザーからの情報提供が追加されることにより、さらに強力かつ迅速なオンライン詐欺データ提供が可能になると思われる。

また、官民の各分野の専門家(SME)の連合体であるNCFTAの加盟により、同社の研究陣が分析したフィッシングサイトのURLはNCFTAの専門家陣に送られ、そこでフィッシングメールの発信源がつきとめられ、最終的に捜査当局に提供されることになる。

http://www.symantec.com/ja/jp/about/news/release/article.jsp?prid=20061116_01
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×