八王子テレメディア、退職した契約社員の持ち出しで2万件弱の顧客情報が流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

八王子テレメディア、退職した契約社員の持ち出しで2万件弱の顧客情報が流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

八王子テレメディア株式会社は11月14日、同社のインターネット接続サービスを利用している顧客の情報が外部に流出していたことが判明したと発表した。流出していた顧客情報は、2006年6月25日までに登録した同社インターネット接続サービスを利用者(退会者、工事前解約者を含む)の氏名、住所、電話番号、ユーザID、@nifty-ID、メールアドレス、登録年月日、開始日、退会日で、パスワード、口座番号等の信用情報、通信記録は流出していない。

流出の原因については、本年7月に同社を退職した契約社員による持ち出しによるものとしており、手段や時期について現在確認作業を進めているという。


八王子テレメディア:お客様情報の流出に関するお知らせとお詫び
http://www.htmnet.ne.jp/news_detail/1185902_3078.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×