トレンドマイクロ、ウイルス感染被害マンスリーレポートを発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.25(水)

トレンドマイクロ、ウイルス感染被害マンスリーレポートを発表

製品・サービス・業界動向 業界動向

トレンドマイクロ株式会社は11月6日、2006年10月度のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表した。発表によると、10月のウイルス感染被害の総報告数は8,800件で、先月の9,398件よりわずかに減少した。ただし、感染被害件数ではワームである「WORM_STRATION」の報告数が563件と、先月の385件から引き続き増加している。2位は先月と同じくトロイの木馬である「TROJ_AGENT」が221件、3位は151件でスパイウェア「TSPY_LINEAGE」がランクインした。

また、10月度は未修正のセキュリティホールを攻撃する「ゼロデイアタック」が数多く確認された。マイクロソフトのInternetExplorer7やOffice2003 PowerPointなど、修正パッチ未公開のセキュリティホールを狙った攻撃がこれに該当する。マイクロソフトは毎月第2火曜日にセキュリティパッチを公開しているが、最近では毎月のように公開の直後にアップデートされなかったセキュリティホールに対するPoCコード(Proof of Concept)が出回っており、同社ではゼロデイ関連の情報に注意するよう呼びかけている。

トレンドマイクロ:ウイルス感染被害レポート - 2006年10月度
http://www.trendmicro.com/jp/security/report/report/archive/2006/mvr061106.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×