エアーリンク、停止したサービスの個人情報が7年間閲覧可能な状態に | ScanNetSecurity
2022.01.27(木)

エアーリンク、停止したサービスの個人情報が7年間閲覧可能な状態に

株式会社ディー・エヌ・エーは10月23日、2006年7月に同社の連結子会社となった株式会社エアーリンクにおいて、過去に運営していたウェブサービス「エアーリンクコミュニティ」(2004年10月にサービス休止済み)に係る個人情報が流出した事実が判明したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社ディー・エヌ・エーは10月23日、2006年7月に同社の連結子会社となった株式会社エアーリンクにおいて、過去に運営していたウェブサービス「エアーリンクコミュニティ」(2004年10月にサービス休止済み)に係る個人情報が流出した事実が判明したと発表した。

流出が確認された個人情報は、エアーリンクが1999年10月から2004年10月まで運営していた「エアーリンクコミュニティ」に係るものであり、1,647名分の氏名、電話番号、メールアドレス、生年月日の情報が、第三者により特定の方法でアクセスすることで、閲覧できる状態にあった。なお、クレジットカード番号など、決済に関する情報は含まれていないとしている。


ディー・エヌ・エー
http://www.dena.ne.jp/
エアーリンク
http://www.airlink.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×