信金東京共同事務センター事業組合が「RSA SecurID」を採用(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.21(金)

信金東京共同事務センター事業組合が「RSA SecurID」を採用(RSAセキュリティ)

RSAセキュリティ株式会社は10月13日、信金東京共同事務センター事業組合が、個人向けインターネット・バンキングのセキュリティ強化策として同社ワンタイム・パスワード「RSA SecurID」を採用したと発表した。同事業組合は、全国61信用金庫が利用するオンラインシステム

製品・サービス・業界動向 業界動向
RSAセキュリティ株式会社は10月13日、信金東京共同事務センター事業組合が、個人向けインターネット・バンキングのセキュリティ強化策として同社ワンタイム・パスワード「RSA SecurID」を採用したと発表した。同事業組合は、全国61信用金庫が利用するオンラインシステムの開発・運用管理を行う共同利用型バンキングセンター。

今回採用されたRSA SecurIDは、1分間に1回の頻度で変わる6桁の数字をパスワードとして使用できるもの。同パスワードは1分後には無効になるため、不正行為や犯罪への高い防止効果があるほか、表示されている数字を入力するだけで、パスワードそのものや特別操作を覚えることなく、誰でも抵抗なく使えることが特徴だ。なお、信用金庫業界におけるRSA SecurIDの採用は日本初となる。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/20061013.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×