信金東京共同事務センター事業組合が「RSA SecurID」を採用(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2022.01.24(月)

信金東京共同事務センター事業組合が「RSA SecurID」を採用(RSAセキュリティ)

RSAセキュリティ株式会社は10月13日、信金東京共同事務センター事業組合が、個人向けインターネット・バンキングのセキュリティ強化策として同社ワンタイム・パスワード「RSA SecurID」を採用したと発表した。同事業組合は、全国61信用金庫が利用するオンラインシステム

製品・サービス・業界動向 業界動向
RSAセキュリティ株式会社は10月13日、信金東京共同事務センター事業組合が、個人向けインターネット・バンキングのセキュリティ強化策として同社ワンタイム・パスワード「RSA SecurID」を採用したと発表した。同事業組合は、全国61信用金庫が利用するオンラインシステムの開発・運用管理を行う共同利用型バンキングセンター。

今回採用されたRSA SecurIDは、1分間に1回の頻度で変わる6桁の数字をパスワードとして使用できるもの。同パスワードは1分後には無効になるため、不正行為や犯罪への高い防止効果があるほか、表示されている数字を入力するだけで、パスワードそのものや特別操作を覚えることなく、誰でも抵抗なく使えることが特徴だ。なお、信用金庫業界におけるRSA SecurIDの採用は日本初となる。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/20061013.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×