持ち出し後のセキュリティを強化したUSBメモリ対応秘文ソフトを発売(日立ソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

持ち出し後のセキュリティを強化したUSBメモリ対応秘文ソフトを発売(日立ソフト)

日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社(日立ソフト)は10月5日、USBメモリからの情報漏洩を暗号化・編集保存制御により防止するセキュリティソフトウェア「秘文AE CopyGuard Professional」を販売開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社(日立ソフト)は10月5日、USBメモリからの情報漏洩を暗号化・編集保存制御により防止するセキュリティソフトウェア「秘文AE CopyGuard Professional」を販売開始した。

同製品は、Office文書をUSBメモリに暗号化して保存する秘文AE CopyGuardの管理・セキュリティ機能を強化したもの。クライアントPCから外部記憶媒体への持ち出しを制御する「秘文AE Information Fortress」との併用により、本製品がインストールされた認証済みUSBメモリにのみデータを持ち出せる、よりセキュアな環境を構築可能。さらに、ログ取得機能も強化され、持ち出し先での編集等をログでチェックできるようになり、持ち出した後のセキュリティが向上している。また、従来持ち出し先では参照のみ可能だった「Microsoft Office PowerPoint」の文書についても編集が可能となっている。

価格は21,000円/ライセンス(1ライセンスで専用USBメモリを1本作成可能)。Windows XP Home Edition/Windows XP Pro/2000 Pro SP4対応。運用には秘文AE Server等が必要。

http://hitachisoft.jp/News/News407.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×