悪意あるソフトを未然に検知、阻止する新機能を発表(ソフォス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

悪意あるソフトを未然に検知、阻止する新機能を発表(ソフォス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ソフォス株式会社は10月2日、疑わしい動作をするアプリケーションを、実行される前に検知してブロックするホスト侵入検知システム(HIPS)の機能をリリースすると発表した。本機能は、同社のセキュリティ脅威対策ソフトの強化機能として提供されるため、既存の同社製品を使用しているユーザは新たにソフトを購入したりインストールする必要はない。

本機能は、新技術「Behavioral Genotype Protection(振る舞い検出型遺伝子脅威検知技術)」によって実現されている。この機能によって、未知のスパイウェアやマルウェア(悪意のあるソフト)を検知するとともに、正当なアプリケーションを不正と判断する誤検知(False Positive)が発生する可能性を極限まで抑えることを可能にしている。本機能はSophos Anti-Virus、PureMessageのすべてのバージョンで利用可能だ。

http://www.sophos.co.jp/pressoffice/news/articles/2006/10/behav-genotype.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×