「Entrust IdentityGuard 8.1」の国内提供を開始(エントラストジャパン) | ScanNetSecurity
2022.01.27(木)

「Entrust IdentityGuard 8.1」の国内提供を開始(エントラストジャパン)

エントラストジャパン株式会社は9月29日、インターネットや企業アプリケーション向けの認証強化プラットフォーム「Entrust IdentityGuard」の最新版となる、バージョン8.1の日本国内での提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
エントラストジャパン株式会社は9月29日、インターネットや企業アプリケーション向けの認証強化プラットフォーム「Entrust IdentityGuard」の最新版となる、バージョン8.1の日本国内での提供を開始した。

最新版では、Vasco社の時刻同期方式によるハードウェア・トークン「DIGIPASS」でユーザー認証が可能となっているほか、Windowsドメイン認証(Active Directory)及びLDAP(リポジトリ兼用)の場合は、外部の認証用Radiusサーバが不要となり、リモートアクセス構築が容易となった。また、対応プラットフォームも拡充され、Red Hat Enterprise Linux ES、Windows Server 2003 SP1(Enterprise/Standard)、Sun Solaris 9、10が追加されている。

価格は、サーバライセンス315万円(1サーバ、税別)、ユーザーライセンス168万円(1,000ユーザー、税別)から。

http://japan.entrust.com/news/2006/0929.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×