「Entrust IdentityGuard 8.1」の国内提供を開始(エントラストジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.12(水)

「Entrust IdentityGuard 8.1」の国内提供を開始(エントラストジャパン)

エントラストジャパン株式会社は9月29日、インターネットや企業アプリケーション向けの認証強化プラットフォーム「Entrust IdentityGuard」の最新版となる、バージョン8.1の日本国内での提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
エントラストジャパン株式会社は9月29日、インターネットや企業アプリケーション向けの認証強化プラットフォーム「Entrust IdentityGuard」の最新版となる、バージョン8.1の日本国内での提供を開始した。

最新版では、Vasco社の時刻同期方式によるハードウェア・トークン「DIGIPASS」でユーザー認証が可能となっているほか、Windowsドメイン認証(Active Directory)及びLDAP(リポジトリ兼用)の場合は、外部の認証用Radiusサーバが不要となり、リモートアクセス構築が容易となった。また、対応プラットフォームも拡充され、Red Hat Enterprise Linux ES、Windows Server 2003 SP1(Enterprise/Standard)、Sun Solaris 9、10が追加されている。

価格は、サーバライセンス315万円(1サーバ、税別)、ユーザーライセンス168万円(1,000ユーザー、税別)から。

http://japan.entrust.com/news/2006/0929.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×