甲南大学、506名分の学生個人情報がShare上に流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

甲南大学、506名分の学生個人情報がShare上に流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

甲南大学は9月19日、理工学部開講科目および法学部開講科目の履修者に関する個人情報がShareネットワーク上に流出していたことが判明したと発表した。流出したデータは、2005年度の理工学部情報システム工学科「プログラミング実習II」の学籍番号・履修者氏名・出欠記録・各回レポート成績・再履修者情報、2006年度理工学部情報システム工学科の「プログラミング実習II」の学籍番号・履修者氏名・出欠記録・各回レポート成績が合計301名分、また2005年度法学部「情報処理I(3)(4)クラス」、「情報処理II(3)(4)クラス」の学籍番号・氏名・出欠記録が205名の、合計506名分。

流出の原因は、同大学のティーチングアシスタントとして勤務していた大学院生が前述のファイルを自宅に持ち帰り、個人用PCに同ファイルを保存した記憶媒体を接続した状態でウイルスに感染し、Shareネットワーク上に流出したもの。なお、文部科学省からの指摘によって発覚したという。


甲南大学:履修者情報の流出について(ご報告とお詫び)
http://www.konan-u.ac.jp/news2/060919.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×