Mac OS X Server用ウイルス対策ソリューション2製品を発表(アクト・ツー) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

Mac OS X Server用ウイルス対策ソリューション2製品を発表(アクト・ツー)

株式会社アクト・ツーは9月19日、インテゴ・ジャパンがMac OS X Server用のウイルス対策ソリューション「VirusBarrier Server」および「VirusBarrier Mail Gateway」2製品を発表したとリリースした。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社アクト・ツーは9月19日、インテゴ・ジャパンがMac OS X Server用のウイルス対策ソリューション「VirusBarrier Server」および「VirusBarrier Mail Gateway」2製品を発表したとリリースした。

VirusBarrier Serverは、ファイルサーバ向けソリューション。サーバにコピーされるすべてのファイルおよびサーバ上で起動されるあらゆるファイルを自動的にスキャンし、ウイルスに感染したファイルを検出し、隔離することが可能。また、VirusBarrier Mail Gatewayは、Mac OS X Serverの内蔵メールサーバを経由するすべてのメールを自動でスキャンし、添付ファイルが感染していないかをチェックするもの。どちらも、ウイルス定義ファイルの自動アップデート機能や感染からサーバを保護する自衛機能を搭載し、PowerPCおよびIntelプロセッサの両方に完全対応。

ServerはMac OS X 10.2.8以降、Mail GatewayはMac OS X 10.4以降に対応。発売時期や価格については、2006年の第四四半期に発表予定。

http://www.act2.com/news/release/?fn=1158628726.xml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×