ITシステムを監視・管理する運用ソリューションの新製品を発売(マーキュリー・インタラクティブ・ジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

ITシステムを監視・管理する運用ソリューションの新製品を発売(マーキュリー・インタラクティブ・ジャパン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

マーキュリー・インタラクティブ・ジャパン株式会社は8月29日、ITシステムとアプリケーションのパフォーマンス、サービスレベル、および可用性を、ビジネス視点で統合的に監視・管理する運用ソリューションの新製品「Mercury Business Availability Center 6.1」を8月31日より販売開始すると発表した。

本製品は、エンドユーザが体験するパフォーマンスを管理する「End User Management」、システムの可用性を管理する「System Availability Management」、設定した目標値(KPI)に基づきパフォーマンスと可用性を管理する「Service Level Management」、アプリケーションをコンポーネントレベルで詳細にブレイクダウンして問題の原因を追求する「Diagnostics」の主要モジュールが用意される。なお、共通機能として「ダッシュボード機能」「レポート機能」「警告・通知機能」などを搭載する。

構成管理データベース「CMDB(Configuration Management Database)」にネットワークやサーバ、アプリケーションなどの構成アイテムを登録することで、一元管理を可能にする。また、構成アイテムごとにKPIを設定できるようになり、より細かな評価および管理が可能となっている。さらに、構成アイテム間の相関や、アプリケーションとインフラとの複雑な関係を「トポロジーマップ」で視覚的に表示することもでき、問題発生の予知、問題解決までのプロセス改善や時間短縮を実現する。

http://www.mercury.com/jp/company/pr/press-releases/082906-bac6.1.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×