廃棄ディスクからの情報漏洩を防止するデータ破壊装置を発売(プレクスター) | ScanNetSecurity
2020.11.27(金)

廃棄ディスクからの情報漏洩を防止するデータ破壊装置を発売(プレクスター)

プレクスター株式会社は8月2日、CDおよびDVDのデータをPCを利用することなく容易に破壊できる世界初のセキュリティ装置「PLEXERASER」を発表した。本製品は、レーザーの光によってCD、DVDディスクのデータ記録部分を破壊する新技術「PlexLaser Del」を採用する製品。CD-

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
プレクスター株式会社は8月2日、CDおよびDVDのデータをPCを利用することなく容易に破壊できる世界初のセキュリティ装置「PLEXERASER」を発表した。本製品は、レーザーの光によってCD、DVDディスクのデータ記録部分を破壊する新技術「PlexLaser Del」を採用する製品。CD-R/RW、DVD±R/±RW(1層ディスク)のデータ破壊時間に平均3分、DVD±R DL(2層ディスク)のデータ破壊時間に平均6分と短時間でデータの破壊が可能となっている。

破壊後の装置冷却時間をとらずに連続使用が可能な本体設計のため、複数枚のデータ破壊作業を行うことができる。また、ディスクを物理的に破壊しないため、専門業者に光ディスクリサイクル用途として依頼することで有価物として処理が可能、「RoHS指令」にも対応している。また、外観は内蔵ドライブと同様なので、トレイ部分をオレンジ色にすることで誤消去を防いでいる。9月中旬より出荷予定で、販売予定価格は25,000円前後としている。

http://plextor.jp/product/pxoe100e/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×